すべてはお客様の成長・発展のために  
>トップページ
  事業概要 人事・賃金コンサルティング 人事労務相談 メンタル・カウンセリング  
 
 

貴社の未来を支えるのは人財。人財の獲得・育成には適切な人事管理が必要です。 私たちは、貴社の人事制度づくりを専門的立場から適切にアドバイスいたします。
例えば、「人事評価制度を整備し人財育成につなげたい」「教育研修体系を作りたい」 「賃金を適切なものに見直したい」「退職金制度を再構築したい」といった改革を貴社のご意向に沿って誠実に推進いたします。経営者とのコミュニケーションを大事にし、貴社の方針・計画にフィットしたサービスをお約束します。

  →リーダーシップカフェ カ・タ・リ
  →多面評価のシチフクジン
 
 

雇用形態の多様化、雇用に関する社員の意識変化、加えて成果主義など短期決済型の賃金システムの進展等により、企業の人事・労務管理は大きく変わってきています。
労働関係法が相次いで成立または改正され、一方では、賃金・解雇・労働条件の不利益変更などを理由とした個別労働関係紛争が急増しており、「企業における人事のフレームワークと法律の関係」を整理し直す必要性が出てきています。私たちは、法律面のサポートはもちろん、実務上での最適解を提供するための良きパートナーとして相談をお受けします。

→転ばぬ先の杖

正確・迅速な給与計算業務のアウトソーシング(外部委託)により、お客様企業が、核となる経営課題に専念できる体制づくりをご支援します。
給与計算業務をアウトソーシングすることにより、お客様は、「本業に専念できる」「担当者の異動がしやすくなる」「万一、担当者の離職があっても業務が円滑に継続される」「社会保険や所得税などの制度変更にわずらわされることがない」などの効果があります。また、これまでできなかった社員情報管理(たとえば、賃金履歴、労働時間、有給休暇、家族扶養者などの管理)ができるようになるなど様々なメリットがあります。
さらに、給与計算の結果に基づき、ご要望に応じて賃金や労働時間に関するアドバイスをご提供することができます。

 

近年「こころの病」が増えています。
組織が健全に機能するためには、仲間同士の信頼関係とともに、働く人が精神・身体・社会的に良好な状態(健康)であることが大切です。
そのため、カウンセリングによる予防(社員の健康・安全を保持する職場環境維持)、実際に精神疾患などで就業が困難になった場合には医師による治療と同時に人事労務対策(休職・復職支援、リハビリ、就業規則等に基づく処遇など)が必要となります。
組織と個人の新しい関係作りが求められる中、私たちは働く人の精神面の健康維持を企業様と一緒に取り組んでいきます。

 
 
  >プライバシーポリシー  
  Copyright (C) 2008 JTP All rights reserved.